ひとっ走り、汽笛なるなり法隆寺。

  • 投稿日:
  • by
0000R0030411.jpg

6月16日

奈良まで蒸気機関車の運転会にひとっ走り行ってきました。江戸前鮨の会員で蒸気機関車のオーナーとの二人旅です。運転会の名前は、「法隆寺運転会」です。

00R0030253.jpg

浦安から、奈良まで、ひとっ走り500キロ。新東名も走りました。

 

00R0030254.jpg

道のいいのはもちろん、視界も開けて運転しやいです。

 

00R0030256.jpg

後半、トンネルも多いですね。

 

00R0030262.jpg

トンネルも入り口は明るい照明で、違和感がありません。

 

00R0030258.jpg

 

00R0030263.jpg

行きは、交代で運転。

 

00R0030261.jpg

新東名は開通したばかりなので、ナビは迷って山の中を走っています。

 

00R0030267.jpg

新しい清水のサービスエリアで、桜エビのかき揚げうどんを美味しく頂きました。さくさく、しこしこでした。朝8時に出て、夕方4時頃にはホテルに到着。地元の居酒屋を三軒はしごしました。

 

00R0030270.jpg

翌朝は、9時に運転会会場へ。模型のエンジンで有名な小川精機、通称OSの工場の敷地内にあります。

 

00R0030269.jpg

ホテルを出るときは雨がシトシト。さすがに、参加者は少ないですね。今日一日、雨の予報です。

 

00R0030272.jpg

 

00R0030278.jpg

蒸気機関車のオーナーの愛車レガシィーから、機関車と台車を降ろします。

 

00R0030277.jpg

運転会場の一部です。真ん中には、RCレーシングカーのサーキットもあります。テレビでレースの模様を見たことがあります。

 

00R0030280.jpg

休憩棟もあります。ここで、お昼を食べます。

 

00R0030285.jpg

こちらが、円形テントの運転準備場所。昔懐かしい、あのターンテーブルを発見。

 

00R0030283.jpg

降りしきる雨の中、二人ともやる気満々です。

 

00R0030286.jpg

蒸気機関車の水補給塔もあります。

 

00R0030288.jpg

早速、釜焚きの準備です。

 

00R0030293.jpg

 

00R0030290.jpg

アクセルと新設の汽笛のリモートハンドル。

 

00R0030296.jpg

着火剤と割り箸で火付けします。

 

00R0030310.jpg

燃料は石炭。燃えやすい日本産の太平洋炭と、長持ちする英国産のウェールズ炭を併用します。

 

00R0030297.jpg

釜に着火剤と石炭を入れます。

 

00R0030298.jpg

電動ブローで煙突から吸気して、がんがん燃やします。

 

00R0030300.jpg

 

00R0030302.jpg

割り箸に軽油を浸した割り箸です。

 

00R0030292.jpg

運転に必要なメーターは、左上の圧力計。5気圧で運転開始です。右上のガラス柱は水量計で、真ん中に水面があればオッケー。

 

00R0030306.jpg

少しずつ圧力が上がってきました。

 

00R0030301.jpg

他の参加者も準備を始めました。

 

00R0030311.jpg

準備を始めてから、1時間ほどでしょうか。

 

00R0030309.jpg

ぞくぞくと参加者が集まっています。さまざまな機関車で、壮観な風景です。

 

00R0030312.jpg

他の方は本線に入り始めています。

 

00R0030295.jpg

子供の頃に操車場で、蒸気機関車が向きを変えるため回っていたターンテーブル。懐かしいですね。ミニサイズとはいえ、こんな所で見られるなんて・・・。

 

00R0030318.jpg

姿も音も、とにかく格好いいです。

 

00R0030317.jpg

蒸気圧もあと一息。

 

00R0030415.jpg

さあ、いよいよ出発進行です。

 

00R0030313.jpg

ブリタニア号は、次に本線入りです。

 

00R0030418.jpg

ターンテーブルにのります。

 

00R0030419.jpg

レールを結合。

 

00R0030420.jpg

 

00R0030423.jpg

慎重に本線入路に入ります。

 

00R0030316.jpg

 

00R0030315.jpg

ターンテーブルを出ると本線との合流点です。

 

00R0030320.jpg

いよいよ本線を走ります。なんと、雨もあがりました。二人とも、お天気男としか思えません。

 

00R0030322.jpg

最初のカーブです。右の路線は一周回って戻りの本線です。

 

00R0030323.jpg

休息棟の横を通ります。

 

00R0030324.jpg

快調、快調。

 

00R0030325.jpg

休息所を抜けると、サーキットの周回路に入ります。ここは、最初の直線。圧力全開、ダッシュ!!

 

00R0030327.jpg

直線が終わると、サーキットをぐるりと回ります。

 

00R0030328.jpg

サーキットを半周すると、長い直線。ここで、一気に加速します。

 

00R0030330.jpg

早い、早い。蒸気と動輪の音と、レールの継ぎ目の音で、体感スピードはかなりあります。爽快の一言。

 

00R0030332.jpg

直線が終わると、やがて森の中のトンネルに進みます。

 

00R0030333.jpg

緑のトンネルに突入。

 

00R0030344.jpg

もう一息で一周です。

 

00R0030338.jpg

トンネルを抜けると森の中を通って、最終コーナーへ。

 

00R0030341.jpg

給水塔まで来て、ほぼ一周です。

 

00R0030348.jpg

はい、到着。お疲れ様。

 

00R0030350.jpg

蒸気圧もまだまだあるので、更に周回を重ねます。

 

00R0030351.jpg

 

00R0030352.jpg

いってらっしゃーい。

 

00R0030361.jpg

中間整備中に、いろいろな機関車を拝見。

 

00R0030362.jpg

こんなに小さくても、石炭を焚いて、人を乗せてちゃんと走ります。

 

00R0030363.jpg

これは石炭でなく、プロパンガスで走ります。手入れが楽そう。

 

00R0030375.jpg

こちらは、モーターとバッテリーで走ります。

 

00R0030377.jpg

こちらも、モーター仕様です。

 

00R0030381.jpg

こちら線路幅が7インチのでっかい弁慶号。ちなみにブリタニア号は半分の3.5インチです。

 

00R0030382.jpg

おおおおおおおおっー。すごい。動輪の音が本物。

 

00R0030388.jpg

こちらも、なかなかお洒落なデザイン。

 

00R0030384.jpg

噴き出す蒸気もビッグ。

 

00R0030387.jpg

こうなると模型か、本物か分かりませんね。

 

00R0030391.jpg

さてさて、ブリタニア号も蒸気を吹いて快走。

 

00R0030392.jpg

圧力メーターも5キロを指して、走る気満々。

 

00R0030398.jpg

カーブもがんがん攻めます。

 

00R0030403.jpg

 

00R0030427.jpg

森のトンネルを抜けて。

 

00R0030428.jpg

 

00R0030411.jpg

鉄橋を渡って、いよいよピットインへ。

 

00R0030412.jpg

 

00R0030413.jpg

これで、本日の運転は終了です。お疲れ様。

 

00R0030432.jpg

運転終わって、掃除です。専用の掃除台があり、エアで綺麗に石炭ガラを掃除できます。

 

00R0030433.jpg

掃除が終わって、本当にお疲れ様でした。愉快、愉快な「法隆寺運転会」の一日でした。

南房総千倉の愉快堂での、ブリタニア号での運転会はこちらから。

http://150.60.160.105/blog/nenkin-blog/