ボートに乗って都内の川を探検しました。

  • 投稿日:
  • by

00小R0015939.jpg

夢の島マリーナから亀戸まで、都内の川をボートで探検してきました。感想は、面白いの一言。ジェットコースターよりも楽しいし、都内に張り巡らされた河川を遡って、街中にいけるのがすごい、すごい。その体験の一部でもご紹介できたらと思います。

※GR DIGITAL IIで撮影しました。

 マリーナフェスティバル2009のイベントのひとつとして、10月3日、4日にわたって、荒川ロックゲートと江東区の小名木川の船上見学会が開かれました。ようは、小さな運河をモーターボートで遡上して、都内の街中まで走ろうという、都内の川探検会ですね。

00R0015740.jpg

後援・江東区、開催場所は東京夢の島マリーナです。たまたま浦安市のお祭り会場で案内チラシを入手しました。

00R0016133.jpg

FAXでの申し込みでしたが、何倍かの倍率の中、めでたく当選しました。後で聞くと結構申し込みがあったようです。これが、パスポートです。

00R0016132.jpg

こちらが、探検ルートマップです。クリックしていただくと、大きく拡大できます。


より大きな地図で 都内の川を探検 を表示

当日は快晴で、絶好の船旅日和です。

00R0015738.jpg

夢の島マリーナは、新木場の植物園の裏手にあります。丸いドームは植物園の温室です。

00R0016129.jpg

ここからボートに乗ります。

00R0016124.jpg

こちら、今日お世話になるボートのオーナーで船長さんです。Tシャツが決まっています。

00R0016117.jpg

マリーナの中をゆっくりスタートします。

00R0015750.jpg

かなりの数のヨットとボート、そしてクルーザーが停泊しています。

00R0015753.jpg

右手の奥に係留してあるのは、エスカルゴ号です。実物を見るのは初めてです。一艇500

万円くらいで入手できます。いいな?。夢の島の夢ですね。

00R0015754.jpg

出港は3時ジャストです。全部で3艇が参加しています。全部で20名くらいでしょうか。

00R0015755.jpg

マリーナを出てすぐ荒川の河口にかかる湾岸道路と京葉線の大きな橋です。いつもは上を通るのですが、川面から見るのは初めてですね。

00R0015756.jpg

川幅も広いので、スピードを上げます。

00R0015757.jpg

右手を併走しているのは、同じ仲間のボートです。オープンタイプというのか、釣りに良さそうなボートですね。けっこうボートマンは負けず嫌いなのか、飛ばしますね。

00R0015759.jpg

この橋は割と新しく、清心町を通ります。奥は地下鉄の東西線の鉄橋です。水しぶきがけっこう上がります。風と波に乗る上下とエンジンの振動でスピード感があります。同乗者はみんな、笑っちゃっています。ジェットコースターよりも面白いですね。

00R0015760.jpg

いよいよ、荒川ロックゲートに到着です。信号があり、一時停止の合図でしばし待機します。

00R0015762.jpg

ゲートの扉が上に上がり、信号が青になったのでそろそろ進みます。

00R0015764.jpg

ゲートの中に入りました。

00R0015765.jpg

ここで、扉が閉まり、水位を調整して、反対の扉から出るのです。パナマ運河などと原理は同じですね。いまの船の高さを見ていてください。これから、どんどん水位が下がります。

00R0015767.jpg

水門が閉まりました。

00R0015769.jpg

水がどんどん排水されています。ゲートの壁の黒く塗れている部分が、最初の水位です。なんと、本日は大潮なので2メートル近くも下がりました。洪水の時は大変ですね。万が一の時は、2メートルの落差で江東区に水が向かうわけですからね。実際に体験して、初めて実感できますね。

00R0015771.jpg

こちら、出口の旧中川方面の扉です。いよいよこちらが開きます。

00R0015772.jpg

はい、これで荒川から旧中川に入りました。

00R0015775.jpg

旧中川の最初にくぐる橋です。名前は分かりません。

00R0015781.jpg

あの橋の向こうが荒川ロックゲートです。

00R0015784.jpg

旧中川をすぐに左に曲がり、小名木川に入ります。ばんしょはしと書いてあります。

00R0015787.jpg

小名木川の両岸はこんな感じです。江戸時代に作られた運河でしょうかね。ずーとマンションなどが続きます。

00R0015790.jpg

護岸工事を結構してました。整備して運河沿いの公園にするのでしょうか。この橋は、丸八通りのようです。

00R0015792.jpg

前方に一艇走っており、その波が護岸にあたって複雑な波をたてています。船長さんは、左右に軽く舵を切ってショックを和らげながら走っています。この橋は、小さいので歩道橋ですね。

00R0015793.jpg

工事船の横をすり抜けます。

00R0015796.jpg

ちょっと広くなったので、ちょっとスピードアップ。爽快です。通り過ぎた橋は、明治通りの進開橋と思われます。

00R0015798.jpg

この橋は、東西線の引き込み線のようです。

00R0015799.jpg

まもなく、小名木川のクローバー橋です。

00R0015801.jpg

休日なので、釣りをしている人が多かったですね。

00R0015804.jpg

これが、小名木川のクローバー橋です。ここを右に曲がって十間川に入ります。撮影によく使われるそうです。

00R0015807.jpg

十間川に入りました。

00R0015810.jpg

これは、ガーデンタワーズでしょうか。

00R0015812.jpg

大島橋です。

00R0015813.jpg

下から思いっきり見上げます。

00R0015817.jpg

江東公会堂です。護岸の通路が木製で、雰囲気があります。

00R0015820.jpg

新大橋通の本村橋です。

00R0015823.jpg

こちらも護岸の通路が木製です。

00R0015824.jpg

けっこう神経を使って運転されています。疲れるでしょうね。

00R0015825.jpg

この辺の護岸は、川辺にすぐ降りられるよう、ちょくちょくこのような桟橋が造られています。災害時には、ここから人や物資を運ぶんでしようね。災害対策を実感しました。

00R0015826.jpg

普通の民家とのバランスがレトロで面白いですね。

00R0015830.jpg

清水橋です。

00R0015831.jpg

レガッタの艇があります。大学のクラブか社会人のクラブなんでしょうか。

00R0015840.jpg

首都高速の小松川線を越えると、旅所橋という、面白い名前の橋があります。これは、あとで調べてみます。

00R0015842.jpg

京葉道が通っている、松代橋です。

00R0015849.jpg

これは、総武本線の鉄橋です。

00R0015850.jpg

ちょうど、線路の真下です。

00R0015852.jpg

線路下をくぐります。

00R0015853.jpg

はい、亀戸炊事陽光園に到着しました。これは、陸に上がってすぐの道路です。京葉道路が見えます。

00R0015863.jpg

この公園が終点の亀戸水上公園です。

00R0015869.jpg

申し込めば、こちらから乗船することもできるそうです。

00R0015870.jpg

夢の島マリーナのマリンフェスティバル2009の一貫として開催されました。 ということは、来年のマリンフェスティバル2010があるとのことです。来年も参加したいですね。

00R0015871.jpg

20分ほど休憩して、ぼちぼち出発です。

00R0015872.jpg

夢の島マリーナまで帰路につきます。

00R0015873.jpg

これは、乗船させていただいたボートのメーター類です。左上が速度計です。

00R0015877.jpg

これは、魚群探知機と云うんでしょうか、左下の数字が水深を表示しています。現在、1.1メートルの水深です。河の真ん中は2?3メートルほどの水深だそうです。

00R0015876.jpg

いよいよ、帰路のスタートです。ここでUターンします。

00R0015884.jpg

同行のボートです。

00R0015885.jpg

ゆっくりとスタートしました。初めだけ・・・。

00R0015896.jpg

行きは2台目だったので、スピードが出せませんでしたが、今回は先頭なのでスピードが出そうです。

00R0015898.jpg

このビルはトステムの本社ビルのようです。

00R0015901.jpg

まだ、この辺はゆっくりです。

00R0015902.jpg

ちょっとレトロな川沿いの街を連想させます。いいですね。

00R0015907.jpg

河から見上げる、ザガーデンタワーズです。

00R0015917.jpg

こちらの箸はちょっと古い造りですね。

00R0015920.jpg

十間川は釣り人も多いですね。

00R0015926.jpg

小名木川に入りました。

00R0015933.jpg

街中で釣ってますね。

00R0015934.jpg

いよいよスピードアップですか。

00R0015939.jpg

東西線の引き込み線をくぐります。

00R0015941.jpg

真下から覗きます。すかすかです。

00R0015942.jpg

エンジンの音がひときわ高まりました。

00R0015945.jpg

夕暮れ迫る河を滑るように走ります。先頭は波が無いので、気持ちよく走り抜けます。

00R0015946.jpg

波を蹴立てて進みます。

00R0015947.jpg

気持ちいいで。

00R0015950.jpg

工事現場でスローダウン。

00R0015956.jpg

また、加速していきます。

00R0015957.jpg

小名木川をぬけて、旧中川に曲がります。もう、荒川ロックゲートが近づきました。

00R0015961.jpg

いろんな船舶専用の標識があります。水上スクーター禁止、ホーンならせ、転舵するな、併走するな、同時にすれ違うな、でしょうか。

00R0015964.jpg

再び、荒川ロックゲートに進入します。

00R0015970.jpg

上に上げられたゲートが見えます。

00R0015972.jpg

ゲートにはフジツボらしき物が付いています。水が頭上からしたたり落ちます。

00R0015973.jpg

中に入って、今度は水位が上がるのを待ちます。

00R0015975.jpg

3艇目が入りました。これで、旧中川側の水門を閉めます。

00R0015979.jpg

上に見える建物は、操作室ですね。ここで、ゲートを操作しています。通行は無料で、カヌー一艘でも、ゲートを上げてくれるそうです。

00R0015981.jpg

ゲートの門が下がっていきます。

00R0015982.jpg

ゲートが完全に閉まりました。

00R0015984.jpg

黒く塗れている壁が、水位の上下する範囲です。本日は2.5メートルほど。水位が徐々に上がります。

00R0015986.jpg

こちら、荒川側のゲートです。このゲートの下部から、凄い勢いで水が入り込んできます。

00R0015990.jpg

上空を白鷺が飛んでいきます。

00R0015991.jpg

水位が上がって、荒川と同じになりました。

00R0016003.jpg

いよいよ、荒川側のゲートが上がります。

00R0016010.jpg

信号機が青になりました。

00R0016014.jpg

ゲートの門の真下をくぐります。またしても、荒川の雨です。

00R0016019.jpg

荒川に出ました。

00R0016024.jpg

一気にスピードアップです。

00R0016030.jpg

広い川面に、波が広がります。

00R0016043.jpg

本日の最高スピードです。時速50キロ以上出てるそうです。

00R0016055.jpg

清心橋をくぐり抜けます。右手後方に2艇目が追いかけてきました。

00R0016060.jpg

いい感じの夕景です。

00R0016071.jpg

2艇目が追い越していきました。結構みなさんやんちゃですね。

00R0016077.jpg

首都高速湾岸線の手前で右折して、夢の島マリーナに戻ります。

00R0016078.jpg

スローダウンです。このボートの船長さんは、ここから熱海の初島まで3時間で走り抜いたそうです。なかなか、やんちゃですね。

00R0016083.jpg

夢の島のゴミ焼却場です。

00R0016085.jpg

夢の島マリーナとその奥の植物園が見えてきました。

00R0016090.jpg

マリーナに到着です。

00R0016101.jpg

夕日にヨット。気持ち良く、ハイに過ごせた半日でした。

00R0016111.jpg

クラッシックなヨットも係留されています。

00R0016114.jpg

キャプテン、本日はありがとうございました。

00R0016117.jpg

こちら、マリンフェスティバル2009の案内チラシです。いろいろな参加イベントが無料で体験できるので、お子様連れにもおすすめです。もちろん、刺激大好きな熟年夫婦にもおすすめ。

川01.jpg

本日のコースマップです。

川02.jpg

見所もいろいろ。

川03.jpg

来年も参加します。

川04.jpg

南房総千倉の愉快な田舎暮らしは、こちらからどうぞ。

http://150.60.160.105/blog/nenkin-blog/