プッタネスカは、娼婦のパスタ。

00R0183605.jpg

6月10日

アンチョビオリーブ ケッパーの塩味や唐辛子の辛味を利かせた 刺激的なナポリの名物パスタ プッタネスカを作りました。このパスタを知ったのは 高校時代からの友人が作ってくれたのが最初。あれから 時々作っています。何故 娼婦のパスタなのか 調べると面白いですよ。

 

00R0183594.jpg

プッタネスカの 基本材料。あと 唐辛子 アンチョビ パンチェッタ 玉葱等を適当に。

  

00R0183597.jpg

ケッパー。

 

00R0183596.jpg

イタリアの塩漬けオリーブが残っていたので タネを外し刻んで。

 

00R0183598.jpg

いただいた新ニンニクは 使い放題。

  

00R0183599.jpg

塩漬け豚肉(パンチェッタ)。

 

00R0183601.jpg

ニンニク 玉葱 パンチェッタ オリーブを炒めて トマトの水煮を加えます。

  

00R0183603.jpg

煮詰まってきたら ケッパーを投入。

  

00R0183604.jpg

さらに煮つめて。

 

00R0183607.jpg

味を確認。

 

00R0183610.jpg

こってりした濃い味で よさげです。

  

00R0183611.jpg

麺が茹で上がったら。

 

00R0183614.jpg

チンと温めた皿に。

 

00R0183615.jpg

盛り付けます。

 

00R0183625.jpg

久々の プッタネスカです。

  

00R0183624.jpg

素材それぞれの 個性的な味わいが絡み合って クセになるパスタです。時々 無性に食べたくなります。濃厚ナポリタンとは また違った 濃い味です。

   

00R0183630.jpg

パルメザンチーズをかけて。

 

00R0183629.jpg

こりゃあ 旨しです。

※愉快堂の「麺・粉もん料理」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「洋食料理」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「田舎暮らし事典」は こちらからどうぞ。