パワーチキンカレーを喰らう会。

00R0183065.jpg

6月4日

午後のテラス呑み会に引き続き パワーチキンカレーを喰らう会へ 突入。

  

00R0183057.jpg

まずは カレーの仕上げを。冷蔵庫で 一晩寝かした 手羽先。タンドリーチキンペーストなどで 下味を付けています。

  

00R0183059.jpg

オーブンで まとめて焼き上げます。皮目を 上にして並べ。

 

00R0183063.jpg

240度で 15分ほど。

 

00R0183061.jpg

まんま タンドリーチキンです。

 

00R0183065.jpg

はい いい焦げがつきました。

  

00R0183077.jpg

ちょいと つまみ食い。このままでも 旨し。

 

00R0183068.jpg

仕込んであった 新玉と トマトの 旨味たっぷりスープに ドボンと。

 

00R0183071.jpg

けっこうな 量です。

 

00R0183070.jpg

ここから 仕上げに 弱火で 小一時間ほど。

 

00R0183079.jpg

ことこと 煮ていきます。

 

00R0183080.jpg

手羽元 新玉 トマトの 三大旨味が 渾然と一体に。

 

00R0183092.jpg

仕上げは 市販の顆粒のジャワカレーで。

 

00R0183096.jpg

さらに スパイシーに ガラムマサラも 追加。

 

00R0183097.jpg

まあ いろいろと入っています。中国の五香粉 日本の七味に 匹敵する 世界三大ミックススパイスです。

  

00R0183121.jpg

ご飯は ターメリックライスに。

 

00R0183125.jpg

色と 香りが 印度風に変身。

 

00R0183122.jpg

さあ 各自好きなだけ 盛ります。

 

00R0183126.jpg

若者たちの 特盛り。

 

00R0183128.jpg

我々の 普通盛り。ひたすら 喰いまくりました。

  

00R0183130.jpg

自家製の 野菜ピクルスも。

 

00R0183131.jpg

〆は 愉快堂の定番 でかプリンで。

 

00R0183134.jpg

本日も 腹十二分目 いただきました。さすがに 一度に食べきれず 若者たちは 翌日の飯に。我々も 翌日の飯に。

※愉快堂の「韓国・インド・エスニック料理」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「おもてなし料理」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「肉料理」は こちらからどうぞ。