珍しいヤガラと、大きめホウボウ。

00R0181195.jpg

5月13日

潮風王国の 利左エ門でホウボウを 漁協直売所でヤガラをゲットしました。いつも 横目で見ていたんですが なかなか買わなかった魚たちです。両方に共通しているのは 上質な身で 歩留まりが悪いことです。

 

00R0181097.jpg

珍しいヤガラですが 千倉ではよく見かける魚です。料亭の椀に入れる 高級魚ですが 今回はやや細めですが一匹100円と 破格値。三匹ゲットしました。

  

00R0181098.jpg

次期新幹線の ALFA-X(アルファエックス)に 顔がそっくりです。全長は 80センチもありました。ヤガラの名前は まんま 細長い矢柄からきているようです。

 

00R0181103.jpg

長くて 小さな口です。小魚を食べているようです。年間を通して 美味しいようです。

  

00R0181106.jpg

捌き方は 内臓をとって。

 

00R0181109.jpg

こんなに 長いです。

 

00R0181111.jpg

歯ブラシで 汚れをとって。

 

00R0181113.jpg

ぶつ切りにします。皮は身から 剥がれません。刺身 焼き物 揚げ物 なんでもござれです。身質は 上品な味で 加熱しても身が固くなりません。

  

00R0181115.jpg

二匹は 干物にすることに。一匹は 丸ごと姿のまま 干します。あとは ぶつ切りで。塩水に 一時間ほど つけます。

  

00R0181117.jpg

もう一匹は 竜田揚げに。

 

00R0181142.jpg

天日で干します。

 

00R0181145.jpg

以前 燻製にしたことがあるんですが 旨かったです。

  

00R0181167.jpg

さて こちらホウボウ。地元では 小さいのは出まわるのですが このサイズは珍しいです。

  

00R0181168.jpg

重量は 600グラム強で 600円也。浮き袋で ほうぼうと鳴くのが 名前の由来です。

 

00R0181170.jpg

頭と背鰭の間の骨が 超堅いです。

 

00R0181172.jpg

丸い魚体ですが 普通に三枚に卸せます。

 

00R0181173.jpg

たしかに 歩留まりは良くないです。半分ほどが 頭を占めています。

  

00R0181175.jpg

しっとりと 柔らかい身です。平目に 似ています。

  

00R0181176.jpg

冷たい方が美味しいので チッキンペーパーとアルミ箔で包んで 冷凍庫でしつかり冷やします。

  

00R0181184.jpg

食べる直前に 取り出します。

 

00R0181177.jpg

本日のご飯は 空豆の炊き込みご飯です。

 

00R0181180.jpg

先日いただいた 自生の三つ葉で おひたしを。

 

00R0181181.jpg

しゃっきりと 野性味があります。

 

00R0181199.jpg

はい ホウボウの薄造りです。

  

00R0181195.jpg

頭と身の アンバランスが すごいですね。

  

00R0181196.jpg

しっとり ねっちょりして なかなか薄造りは むずかしいです。

  

00R0181204.jpg

味は薄めですが 極上 上品。カワハギと真鯛の まんなかくらい・・・。

 

00R0181209.jpg

お酒も ご飯も 肴も 勢揃い。

 

00R0181205.jpg

空豆の炊き込みご飯。

 

00R0181206.jpg

たっぷり入って 旨かー。

  

00R0181210.jpg

そして ヤガラの竜田揚げ。

 

00R0181214.jpg

これが 抜群に旨かったです。身離れもよく しっとりした ふくよかな味わいです。

    

00R0181216.jpg

デザートは 前日のマンゴープリンで。ヤガラとホウボウ 見直しました。明日は ヤガラの干物で 一杯ですね。

「南房総の地魚」はこちらからどうぞ。

※愉快堂の「魚料理」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「干物作り」は こちらからどうぞ。

「南房総の地産地消」は こちらからどうぞ。