あまくない、空豆の餡作り。

00R0180839.jpg

5月11日

愉快堂 今期最後の空豆は スイーツ用あんこ作りにまわしました。

 

00R0180834.jpg

ぱんぱんに実の詰まった空豆をあんこ用に 小さい粒は 今夜のつまみ用へまわします。

  

00R0180835.jpg

さすがに 最後の空豆は 皮も堅く ぱんぱんに張っています。

  

00R0180840.jpg

やや長め 柔らかめに湯がきます。

  

00R0180843.jpg

粗熱をとって。

  

00R0180845.jpg

まだ熱く感じるうちに 実を取り出します。

 

00R0180847.jpg

作業後の皮の山。朝の鞘剥きに続き 指先が 疲れると云うより 痛いです。

   

00R0180849.jpg

実も それなりの量が。

   

00R0180851.jpg

大鍋に入れて マッシャーで ざっくりと潰していきます。

   

00R0180855.jpg

ひたすら つぶします つぶします。

  

00R0180856.jpg

量が多いので さすがに 腕が疲れてきました。

 

00R0180857.jpg

多少粒々が残っていた方が 食感が楽しいので これぐらいでOK。

  

00R0180863.jpg

新緑色がきれいですね。

  

00R0180868.jpg

あんこの元を 計量します。

  

00R0180871.jpg

1キロちょっとありました。

  

00R0180876.jpg

豆の総量の 半分の砂糖500グラムを投入。

   

00R0180879.jpg

全体を混ぜ合わせ 弱火から中火で 手を休ませずへらで ひたすらかき混ぜます。

   

00R0180880.jpg

空豆の餡作りは 指から腕まで すべての筋肉を使いきりますよ。 

 

00R0180889.jpg

スタート直後は 中火くらい。

  

00R0180886.jpg

砂糖が溶けて しゃぼしゃぼに。

 

00R0180890.jpg

ほぼ 20分ほど煮つめていくと ぼってり餡状に。

  

00R0180897.jpg

バットで冷まして。

 

00R0180926.jpg

ひとつ240グラムに合わせて 計量中。和菓子やロールケーキを作る時 この量が便利です。

  

00R0180929.jpg

240グラムの餡が 五本と半本できました。

  

00R0180930.jpg

このあと アルミ箔で包んで 冷凍庫へ。

   

00R0129295.jpg

今までに作った 空豆の餡ドーナツや。

  

00R0115577.jpg

 空豆のロールケーキです。キンセンカの 自家製ドライ花弁も入っています。

     

00R0180884.jpg

つかれそうだね。あまくないんだね。

※愉快堂の「手作り保存食・加工食・調味料」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「甘いもん」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「野菜」は こちらからどうぞ。