地蜜柑と、地魚を求めて。

00R0162774.jpg

11月16日

二週間ほど前に 富山麓の「伴流みかん園」へ行ったのに続き 二回目の訪問となりました。前回は まだ早かったのですが 今回どうでしょう。

00R0162778.jpg

伊予岳が見えます。

 

00R0162779.jpg

収穫籠が ポツンと。

 

00R0162780.jpg

これまで 雨続きだったのですが 今日は快晴。

 

00R0162781.jpg

伴流みかん園の販売所へ。

 

00R0162792.jpg

平日の午前中なので お客さんは ちらほら。

 

00R0162784.jpg

おっと 貼り紙が。

 

00R0162783.jpg

それでも お目当てのきず物 はね物の蜜柑はありました。まずは 小さいものからゲット。

 

00R0162785.jpg

Lサイズが多かったですね。計5キロで 500円也。

 

00R0162786.jpg

向田邦子の一文が。

 

00R0162787.jpg

販売所のお母さんに話しを聞くと 今年は雨が続いて 収穫期になっても なかなかベストな状況で摘めなかったとのこと。晴れが続くと いい蜜柑が採れるそうです。

 

00R0162789.jpg

蜜柑の色は 前回よりも 濃く色づいています。この近辺にも 野猿がぽちぽち出るそうです。

   

00R0162793.jpg

この道を上がったところに 蜜柑園が何軒かあります。

 

00R0162794.jpg

富山への 登り口です。

 

00R0162795.jpg

帰りは 道の駅「富楽里」へ 寄り道。

 

00R0162798.jpg

さらに 海沿いに走って 那古の「まるい鮮魚店」へ。

 

00R0162797.jpg

昼前だったので 朝の入荷が少なかったです。

 

00R0162796.jpg

で ちょい離れた別店へ。

 

00R0162802.jpg

元々のお店です。今は 加工品などを扱っています。

 

00R0162800.jpg

ここで 蒸しあん肝と。

 

00R0162801.jpg

特上煮干しをゲット。

 

00R0162804.jpg

さらに クルマで数分の 魚屋「新し屋」へ。完璧な 地元の方のための 地元の魚屋です。ここでは 地蛸をゲットしました。

   

00R0162821.jpg

昼飯は 富楽里で買った 鰯団子と助六で。

 

00R0162822.jpg

天然酵母の ベーコンエピも。

 

00R0162824.jpg

こちら まるい鮮魚店でケットしたもの。

 

00R0162826.jpg

煮干いわしは 手打ちうどんの出汁に使います。

 

00R0162827.jpg

新し屋で買った 地蛸です。こちらは たこ焼きにしていただきます。

 

00R0162832.jpg

伴流みかん園でゲットした 伏姫蜜柑。

 

00R0162830.jpg

エアコン暖房の下が 定位置になりそうな たまちゃん。

 

00R0162829.jpg

一日 ずーと寝ています。

※愉快堂の「買い出し&食べ歩き」は こちらからどうぞ。