マイノリティの花たち。

00R0162204.jpg

11月7日

夏から秋にかけて 寒暖の差や 多雨のせいか 庭や畑に 時季外れの花がチラホラと咲いています。

00R0162203.jpg

まずは 梅雨時に咲くアガパンサス。庭の 二箇所で咲いています。

 

00R0162209.jpg

見事な大きさです。

  

00R0162210.jpg

今までになく時期外れの 珍しい開花です。

  

00R0162206.jpg

そして フレンチマリーゴールド。今年は こぼれ種が少なかったようで ポツポツと少しだけ咲いています。

 

00R0162207.jpg

初夏から晩秋ごろまでが開花期です。今年は 徒花にならなければいいですが。

  

00R0162211.jpg

ガザニアの花たち。畑の周囲をぐるっと囲うように 群生していたんですが 去年あたりから枯れ始め 今では少数派になりました。

 

00R0162212.jpg

ローズマリーも そうですが 宿根はある程度の年月が過ぎると 弱ってしまうようです。まあ 手入れをしないのも 原因だとは思いますが。なにしろ 基本が放任主義で育てているもんで・・・。

 

00R0162214.jpg

一株だけ残っている 矮性のローズマリー。小さな花が ずーと咲いています。

  

00R0162219.jpg

初夏には あんなに咲き誇っていたのに わずかに残った 白蝶草。

    

00R0162223.jpg

フェンネルも 一株だけ花が咲いています。

  

00R0162244.jpg

畑では ボリジの花が。

 

00R0162245.jpg

もう 最後の咲花でしょうか。

 

00R0162237.jpg

夏のカンナもなぜか 二蕾ほど。

 

00R0162240.jpg

ワイルドルッコラ(ルッコラセルバチコ)

 

00R0162243.jpg

ウインターコスモス

 

00R0162248.jpg

ダリアも頑張っています。

 

00R0162230.jpg

そして 期待の空豆が 無事に発芽しました。

   

00R0162231.jpg

ほぼ 発芽しました。成績は いいです。来年の収穫が愉しみです。

  

00R0162229.jpg

順調に育っています。補植も 必要なさそうです。

 

00R0162233.jpg

こちらは 青首大根。種から 元気に育っています。

 

00R0162234.jpg

畑の林檎箱では ひっそりと パクチーが育っています。

「愉快堂の花たち」は こちらか らどうぞ。