秋のモツ鍋を喰らう会。

00R0152030.jpg

11月4日

急に冷え込んできたので 本日の夕食会は モツ鍋にしました。野菜もたっぷりと 準備しました。

00R0152015.jpg

雨の合間をぬって 庭のニラを採ってきました。

  

00R0152016.jpg

本日のモツ鍋の野菜たちと キノコたち。

   

00R0152020.jpg

キノコは えのき 舞茸 椎茸。

  

00R0152018.jpg

野菜は キャベツ ニラ ねぎ もやし。若い人が多いので 野菜をたっぷりと。

  

00R0152021.jpg

紀平の手造り豆腐と しらたき。

  

00R0152023.jpg

冷凍してあった白モツは あらかじめ軽く湯通しを。

   

00R0152024.jpg

本日は博多風の辛味味。ベースは 先日のうどんの鰹昆布出汁に 追加で鶏ガラスープ。そこにコチュジャン 唐辛子 ニンニク等を追加。スープの旨味は バッチリ。そうそう いただいた愛媛の 鯛味噌も使いましたよ。

  

00R0152030.jpg

モツ鍋の具材 オンパレード。

  

00R0152032.jpg

白モツ700グラムです。6人なので 足りるかな?

 

00R0152026.jpg

白モツは 麻布十番「なにわや」のに限ります。

  

00R0152050.jpg

でか鍋を大勢で囲むと 旨さ倍増ですね。まずは 海の隣人たちとスタート。

   

00R0152054.jpg

残っていたクレソンも 全部入れちゃいました。

  

00R0152051.jpg

いやー モツ鍋って ほんとうに旨いですね。カラダも内臓から ほっこり温まる感じ。

 

00R0152057.jpg

宴の開始から一時間後 さらに町の隣人夫婦も参加。モツが少なくなっていたので 旨味取り牛肉を追加。なんとか間に合いました。

  

00R0152038.jpg

こちら 前菜の作りたての鯖棒鮨

  

00R0152056.jpg

箸休めのお漬け物。茨城の野沢菜 山形の粕漬け 自家製茗荷の甘酢漬けなど。熱々ご飯にもあいました。いよいよ 鍋のシーズン到来ですね。

※愉快堂の「おもてなし料理」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「肉料理レシピ」は こちらからどうぞ。