大鍋おでんを囲む、宴。

00R0150223.jpg

10月7日

ようやく朝晩涼しくなってきたので 今シーズンお初の おでんを喰らう会を 海の隣人を招いて開催しました。あわせて 広島の居酒屋料理も 何品かいただくことに。

00R0150153.jpg

まず 出汁取りからスタート。結び昆布と。

  

00R0150154.jpg

大根を鍋に 軟水で煮出します。

  

00R0150156.jpg

途中で リケンの鰹節ダシ 昆布ダシを加えます。添加物無しで便利なので よく使います。

  

00R0150167.jpg

蒟蒻 白滝など しみ込みづらいモノから 早めに投入。

 

00R0150170.jpg

がんもや ちくわぶも。

 

00R0150174.jpg

焼き竹輪も。

 

00R0150175.jpg

最後に 練り物あれこれを。

  

00R0150172.jpg

さて 別鍋では 鶏手羽元 ロールキャベツを仕込んでいます。肉系の出汁がとれます。

   

00R0150181.jpg

そろそろ おでん鍋に合体し時です。

 

00R0150183.jpg

アルミの大鍋の仕切り毎に 詰めていきます。けっこう 愉しい作業です。気分は おでん屋です。

    

00R0150184.jpg

鶏手羽元と ロールキャベツは一緒に。

  

00R0150187.jpg

満員電車なみの 詰め詰め百パーセント状態です。

    

00R0150188.jpg

肉系のダシも注いで。

  

00R0150191.jpg

本日のおでん鍋 全容です。コンビニの入り口に そろそろ登場するおでんコーナーみたいです。もしかすると 越えたかも。

   

00R0150197.jpg

食べる直前に 再度温めて。

 

00R0150201.jpg

各コーナーで 温まっています。

 

00R0150198.jpg

若者向けの 鶏手羽元と ロールキャベツ。

 

00R0150199.jpg

玉子と 太めのソーセージ。

 

00R0150200.jpg

年配向け いやヘルシーコーナーです。

 

00R0150203.jpg

もっとも おでんらしい 大根と 焼き竹輪。

 

00R0150204.jpg

揚げ物からは いい出汁がでます。

 

00R0150206.jpg

さあ おでんの宴の準備はOK。

  

00R0150212.jpg

その前に 今日のテーマは 広島居酒屋とおでんの夕べと云うことで。

 

00R0150214.jpg

青菜と じゃこのサラダ。ジャコはもちろん 広島倉橋島のちりめんじゃこで。

  

00R0150215.jpg

まずは 広島居酒屋からスタート。

 

00R0150216.jpg

銀座一丁目の地下鉄を上がってすぐにある 広島のアンテナショップで見つけたスナックもの。トリ皮揚げと ぬれ烏賊天 そして千倉のさつまいもレモン煮。

  

00R0150220.jpg

広島名物の郷土食 うまいで「がんす」も登場。揚げ立てをいただきます。

    

00R0150222.jpg

広島居酒屋の味を愉しんだところで おでんを喰らう会をスタート。

  

00R0150223.jpg

大鍋おでんの登場です。おでんのために 合羽橋のセールで買いました。二度目の 出番です。

     

00R0150231.jpg

牛蒡巻き イカ団子。

 

00R0150236.jpg

大根 ロールキャベツ。

  

00R0150238.jpg

玉子 白滝 蒟蒻。延々と続きました。

 

00R0150233.jpg

ひとしきり食べた後に 広島菜が登場。

 

00R0150240.jpg

ご飯は 我孫子の「惣八」の新米。広島菜で 包んで食べると最高。

  

00R0150210.jpg

さらなる 〆ご飯に 別鍋で仕立てた豆腐を。

   

00R0150242.jpg

熱々 ご飯にのっけて おでんのお多幸名物「とうめし」を。

    

00R0150243.jpg

おでんの だし汁を注いで うまかー。

※愉快堂の「おもてなし料理」は こちらからどうぞ。

※愉快堂の「居酒屋料理」は こちらからどうぞ。