エゴマの葉収穫と、醤油漬け作り。

00R0149273.jpg

7月9日

朝の涼しいうちに 馬鈴薯とエゴマの収穫です。そして エゴマの葉は 本格韓国の醤油漬けを作ります。夏の 熱々ご飯に欠かせない 一品です。

00R0149253.jpg

庭のキューブ花壇の隅っこに。

 

00R0149255.jpg

小玉西瓜の赤ちゃんが すくすくと育っています。まだ 親指サイズ。

  

00R0149258.jpg

畑は 野菜 ハーブ 花 雑草が生い茂っています。

 

00R0149259.jpg

まずは 馬鈴薯の収穫から。

 

00R0149260.jpg

ほとんど しぼんでいた 残り馬鈴薯を埋めたら 立派に育ってくれました。

 

00R0149263.jpg

野ネズミに 一部食べられていました。

 

00R0149264.jpg

でも 大小それなりに収穫。

 

00R0149266.jpg

馬鈴薯 掘り出し完了。

 

00R0149268.jpg

男爵とメークインでしょうか。

 

00R0149269.jpg

ちょうど 食べきり量です。

 

00R0149271.jpg

さて 庭のキッチンガーデンで すくすくと育った エゴマ。

 

00R0149273.jpg

籠に どんどん切り取って入れます。

 

00R0149274.jpg

かなりの 量です。

 

00R0149275.jpg

ほぼ 籠いっぱい 採れました。

 

00R0149276.jpg

採れたてのエゴマを 加工します。まず ざっと 水洗いして。

  

00R0149279.jpg

キッチンペーパーで しっかりと水気をふきます。

 

00R0149282.jpg

おっー でかボールに二杯分。

  

00R0149245.jpg

つけ汁を予め作っておきます。醤油 水 酒を鍋で沸騰させます。そこへ すり大蒜 すり生姜 砂糖 白ごま 粗挽き唐辛子 ゴマ油 きざみ葱を 加えて よくかき混ぜます。

   

00R0149247.jpg

この段階の つけ汁は ヤンニャムジャン。チヂミのタレなどに使えます。

 

00R0149285.jpg

そして エゴマの葉を 何枚か束ねて。

 

00R0149288.jpg

つけ汁に たっぷりと漬けて。

 

00R0149289.jpg

タッパに重ねて 入れます。時々 つけ汁の具も一緒に 重ねていきます。

 

00R0149296.jpg

翌日から 食べられます。いちばんは 熱々ご飯を包んで食べるのが 最高。

※愉快堂の「手作り保存食・加工食・調味料」は こちらからどうぞ。