梅雨時の花たち。

00R0147155.jpg

6月10日

まもなく 雨が降りそうな 愉快堂の庭。梅雨時は より花が綺麗に見えます。空気中の湿気と 光の屈折が そうさせるのでしょうか。

00R0147150.jpg

一雨毎に満開だった デイゴの花も散っていきました。

 

00R0147154.jpg

昨秋追加購入したアガパンサスに 白花の株がありました。

 

00R0147155.jpg

大勢の青花の中に白い貴婦人が 。少しずつ増えていくように 大切に育てていきます。

  

00R0147164.jpg

アガパンサスの蕾から開花まで 花壇ではいちどに見られます。

  

00R0147161.jpg

 

00R0147160.jpg

 

00R0147158.jpg

満開まで もう一息。

  

00R0147167.jpg

ヒペリカムヒドコートも だいぶんボリュームが出てきました。

 

00R0147170.jpg

 

00R0147172.jpg

可愛い花姿ですね。

  

00R0147171.jpg

こちら 愛らしい赤い実。

  

00R0147177.jpg

白蝶草も 風に舞っています。

 

00R0147178.jpg

 

00R0147180.jpg

このゾーンのアリストロメリアは 風当たりが弱いの でしっかり丈夫に育っています。

 

00R0147181.jpg

 

00R0147185.jpg

新参者の 紫露草。

 

00R0147184.jpg

全て挿し木で育てている 愉快堂の紫陽花たち。梅雨が似合います。

    

00R0147187.jpg

これはちょっと色味が悪いですね。

  

00R0147191.jpg

 

00R0147193.jpg

 

00R0147201.jpg

 

00R0147199.jpg

  

00R0147200.jpg

  

00R0147202.jpg

 

00R0147203.jpg

 

00R0147204.jpg

 

00R0147211.jpg

用水沿いは 紫陽花とアガパンサスが同居。

 

00R0147208.jpg

  

00R0147205.jpg

   

00R0147209.jpg

 

00R0147213.jpg

チコリも爽やかな青花を咲かせています。サラダのトッピングで使いましょう。

 

00R0147215.jpg

チコリの根元に 大葉と 山三つ葉を仕込んであります。(両方とも半日陰がお好み)

「愉快堂の花たち」は こちらか らどうぞ。