石鯛と真鯛の贅沢ランチ。

00R0147062.jpg

6月8日

昼前に 町の隣人アーティスト夫婦がやって来ました。石鯛を食べたいと云うことで 潮風王国へ買い出しに行きました。ここのところ 水揚げが多いので 多分あるかと。

00R0147061.jpg

利左エ門で 石鯛と真鯛をゲット。中型サイズですが 二匹で2000円なり。

 

00R0147060.jpg

石鯛は 血抜きして 〆てあります。

 

00R0147063.jpg

ご主人が 捌きます。

 

00R0147064.jpg

かなり 要領がよくなっています。

 

00R0147066.jpg

アラは 日本酒と軟水で 出汁をとっておきます。

 

00R0147068.jpg

真鯛も。ちょいと 身がやわらかかったです。

 

00R0147069.jpg

まずは 石鯛の刺身から。

 

00R0147073.jpg

四人で ちょうどいい量です。

 

00R0147071.jpg

かみ応えがあり かむほどに甘味がでてきます。

 

00R0147075.jpg

夏に向けて ますます美味くなります。石鯛は 寝かさなくても 充分に美味い地魚です。

 

00R0147078.jpg

さて ご飯は 真鯛のアラ汁茶漬けです。

 

00R0147082.jpg

石鯛と真鯛でとった アラ汁に 塩を少し。

 

00R0147079.jpg

真鯛の切り身は つゆ汁 醤油 本味醂 日本酒 蜂蜜で作った つけ汁に15分ほど。

 

00R0147083.jpg

熱々ご飯に 鯛のづけ すった胡麻 大葉 茗荷 生姜をのっけて。

 

00R0147085.jpg

アラ汁をかけて。

 

00R0147087.jpg

いただきまーす。

  

00R0147117.jpg

さて 夜は残っていた アラ汁の身を手でほぐして。

 

00R0147116.jpg

海鮮あんかけ炒飯に。

 

00R0147118.jpg

チンゲンサイと炒めて。

 

00R0147120.jpg

残ったアラ汁で煮て 溶き片栗粉で とろみをつけます。味付けは 黒胡椒と 塩を少し追加。

  

00R0147121.jpg

玉子炒飯も 同時進行で。

 

00R0147122.jpg

同時に完成させたら。

 

00R0147124.jpg

合体させます。

 

00R0147125.jpg

残りもの海鮮あんかけ炒飯のできあがり。

 

00R0147126.jpg

いただきました。

「南房総の地魚」は こちらからどうぞ。