蕎麦鉢で饂飩を打つ。

00R0146893.jpg

6月6日から10日

今まで 饂飩を打つときは ステンレスボールを使っていたのですが 捏ねるときに安定しないので 蕎麦打ち用の鉢で試してみることに。

00R0146891.jpg

何年ぶりかで 蕎麦打ち鉢を使います。饂飩打ち用に ステンレスの大きめのタライを買おうかと思ったんですが その前に鉢で試し打ちを。

   

00R0146892.jpg

ワインセラーに長く保存しておくと やはり ダマができてきますね。粉をほぐすには 広い鉢の方が 楽ちんです。

  

00R0146893.jpg

蕎麦と饂飩の捏ね方は 違うのですが 饂飩も大丈夫そうです。しばらく 使ってみます。

  

00R0146895.jpg

しっかりと捏ねました。

 

00R0147148.jpg

ばたばたしていたので 四日後にいただきました。

 

00R0147217.jpg

前夜 ほとんど食べなかったので かき揚げ饂飩を。新玉葱に 干し海老 紅ショウガを。

  

00R0147218.jpg

玉子と冷水を先に混ぜてから 薄力粉を投入して ざっくりとかき混ぜます。

 

00R0147220.jpg

さらに ざっくりと種とかきまぜて。

  

00R0147223.jpg

180度で揚げます。

 

00R0147224.jpg

天麩羅は 相方が上手いんですが 私はどうでしようか。

  

00R0147227.jpg

やっばり さくっと感がいまいちですね。

 

00R0147226.jpg

厚削り鰹と昆布で 1.5倍くらいの 濃いめの出汁をとりました。味付けは 塩だけにしました。

 

00R0147228.jpg

いただきまーす。

 

00R0147231.jpg

オーソドックスですが かき揚げ饂飩は 食べたって感じがします。

※愉快堂の「麺・粉もん料理」は こちらからどうぞ。