〆は、平目の出汁づけ丼で。

00R0145469 (2).jpg

5月14日

いつも地魚をいただく方から 平目を届けていただきました。山の隣人と一緒に 連夜の宴に。

00R0145442.jpg

まずは 前菜から。自家製ベーコンを。

 

00R0145445.jpg

味付けなしで かるーくソテーして。

  

00R0145449.jpg

温めた焙烙鍋に いろいろと盛り合わせて。

 

00R0145450.jpg

作り方をまったく変えた やわらか仕上げの自家製ベーコン。ベーコンはベーコンの味なんですが 食感が生っぽく まったく違います。これからは 「生ベーコン」と呼ぶことにしました。今後は ベーコンは このやり方一本で作ります。生ベーコン宣言です。

 

00R0145451.jpg

セントシュバインのベーコンと 石窯工房そろそろの食パンをクルトン風にして。

 

00R0145453.jpg

富良野のグリーンアスパラも。

 

00R0145452.jpg

いただきものの 金沢の筍もステーキで。

  

00R0145458.jpg

ほとんど いただきもので ご馳走さまです。

 

00R0145457.jpg

サラダもたっぷりと。

 

00R0145435.jpg

そして 千倉の平目。前日揚がったもので ちょうど食べごろです。

 

00R0145462.jpg

まずは お刺身で。美味。

 

00R0145463.jpg

昆布醤油 日本酒 蜂蜜で作った 出汁に20分ほど漬けたのを 熱々ご飯に乗っけて。

 

00R0145465.jpg

平目のアラと 前日の鰹昆布出汁を合わせて 控えめの醤油と塩で味を調整。ご飯の上から まわしかけます。

  

00R0145469 (2).jpg

いただきまーす。

 

00R0145468.jpg

平目を味わうバリエーションとしては いい感じです。また 作ります。

  

00R0145422.jpg

うーん このにおいは。

 

00R0145423.jpg

ひらめ たべたでしょ!!!!!!

愉快堂の「おもてなし料理」は こちらからどうぞ。