焙烙皿から、はじまりました。

00R0145402.jpg

5月13日

海の隣人と お初の料理を 試食を兼ねて いただきました。メインは 焙烙皿を使った 前菜と 京風カレー饂飩です。

00R0145365.jpg

こちら ようやく到着した 焙烙皿。

 

00R0145370.jpg

多肉植物の「ビノウイ」で 手に入れました。瓦職人が焼いたもので お店では花器が多いのですが なぜか焙烙皿が。 直火にかけられるので 保温プレートや冷温プレートに使えます。

    

00R0145380.jpg

ジャガイモは 茹でて ベーコンと玉葱と 一緒に炒めます。

  

00R0145394.jpg

富良野のアスパラは フライパンでソテー。

  

00R0145390.jpg

手羽先の さきっちょは 甘辛く煮て 肴に。

 

00R0145286.jpg

ベーコンは 二品。自家製のベーコンと セントシュバインさんのベーコンを。

 

00R0145402.jpg

焙烙皿に盛って いただきます。

 

00R0145405.jpg

ベーコンジャガ炒め。

  

00R0145406.jpg

ベーコン 二品。

 

00R0145407.jpg

グリーンアスパラ。お酒が すすむ君です。

  

00R0145353.jpg

さて 〆の京風カレー饂飩です。がっつりと 濃いめの出汁をとります。

  

00R0145356.jpg

饂飩出汁の 倍くらいの濃さです。

 

00R0145364.jpg

水に浸けておいて。その後 しっかりと煮出します。アクも取りません。

  

00R0145386.jpg

昆布と厚削り節は 後日 佃煮にします。

 

00R0145382.jpg

畑で採れた 玉葱。

 

00R0145383.jpg

順調に育たず 縦長にひょろっと。

 

00R0145388.jpg

あとは 分葱と 薄揚げを。これで 京風っぽくなりました。

  

00R0145392.jpg

まずは 玉葱と分葱の元を 胡麻油で炒めます。

 

00R0145395.jpg

手羽中は塩もみして。

 

00R0145397.jpg

途中から 合流。

 

00R0145398.jpg

ある程度 火が通ったら カレー粉を投入。

 

00R0145399.jpg

さらに 七味もたっぷりと。今回のレシピは カレースターの水野氏のレシピを参考にしています。七味は 日本のスパイスだそうです。なるほど。

 

00R0145401.jpg

途中で 分葱の先端 醤油 塩 黒胡椒を適宜。最後に 水溶き片栗粉を加えます。

 

00R0145411.jpg

手羽中が ほろほろと柔らかくなるまで煮込めば 完成。

  

00R0145413.jpg

煮込んでいる間に 饂飩の準備。

  

00R0145372.jpg

さぬきの夢で 二日前に打って 寝かしていた生地を延ばします。

  

00R0145373.jpg

空気が入っているところは 爪楊枝で抜きます。

 

00R0145375.jpg

今回は 薄めの生地に。

 

00R0145377.jpg

ちょい 上品に仕上げます。京風ですからね。

 

00R0145379.jpg

今回は 切ってから寝かさずに そのまま茹でます。

   

00R0145410.jpg

10分ちよい茹でて 丼へ。そして カレーを。

00R0145415.jpg

京風カレー饂飩 いただきまーす。

 

00R0145418.jpg

京都には 歴史のある カレー饂飩専門店があるそうです。

愉快堂の「おもてなし料理」は こちらからどうぞ。