まるっ太りの、引き釣り鰹。

00R0143306.jpg

4月13日

山の隣人のところに まるまると太った鰹がやって来ました。さっそく 愉快堂で捌いて 一緒に旨い鰹をいただきました。

00R0143302.jpg

口が裂けているので 引き釣り鰹ですね。千倉の引き釣り鰹は 一匹ずつ針で釣り上げるので傷みが少なく さらに すぐ帰港するので 鮮度が抜群です。

 

00R0143306.jpg

今日のは まるまると太った でかい鰹です。期待も 大。

 

00R0143308.jpg

捌くと 身がぷっくり 盛り上がっています。

 

00R0143307.jpg

ずっしりと重く 包丁にねっとり感がつたわります。

 

00R0143317.jpg

脂が たっぷり浮いています。戻り鰹でもないのに この時期 珍しいです。

 

00R0143309.jpg

中おちも 旨そう。

 

00R0143318.jpg

さつそく いただきまーす。

  

00R0143322.jpg

見た目に 色味が深く 身がしっとり重いです。

  

00R0143325.jpg

うーん ここ数年で いちばんかな。千倉の鰹 あなどれず。

   

00R0143321.jpg

ピンぼけですが 中おちをオリーブオイル 一香油 醤油で。

 

00R0143324.jpg

旬の筍の 醤油バター焼きも。

 

00R0143327.jpg

今が いちばんの味。

 

00R0143329.jpg

サイドメニューで サラダチキンを自家製葱塩で。

 

00R0143330.jpg

最後の 〆は 手打ちさぬきの夢の ぶっかけ饂飩を。美味しゅうございました。

「南房総の地魚」は こちらからどうぞ。