カルパッチョと漬け丼。

00R0141230.jpg

3月12日

潮風王国の利左エ門で 朝獲れのイナダをゲット。新鮮すぎて 味が薄いので カルパッチョと漬け丼でいただくことに。地元ならではの 贅沢な悩みです。

00R0141220.jpg

このサイズで 600円也。

 

00R0141221.jpg

食感は ぷりっぷりっ なんですが 寝かさないと旨味が出てこないんです。

 

00R0141223.jpg

で カルパッチョに。身には 塩とオリーブオイルをまわしかけ その上に 胡瓜とパプリカのピクルスをみじん切りしたものを散らします。

   

00R0141389.jpg

こちらが 自家製ピクルス。

 

00R0141226.jpg

そして 庭のルッコラ、ミント、フェンネルを。

 

00R0141230.jpg

はい イナダのカルパッチョのできあがり。

 

00R0141231.jpg

これは。

 

00R0141236.jpg

白ワインですね。

 

00R0141237.jpg

いただきまーす。

 

00R0141239.jpg

味の足りないところは バルサミコをちょいと。

 

00R0141240.jpg

〆のご飯は イナダの漬け丼。

 

00R0141242.jpg

磯香りもたっぷりと のっけて。旨し。

 

00R0141250.jpg

いたりあんも いいけど なまだよね。

「南房総の地魚」は こちらからどうぞ。