お次は、親子う丼。

00R0140965.jpg

3月6日

先日の じゃじゃ饂飩に引き続き 今回は想作饂飩を。といっても 親子丼の上物を 熱々の引き上げ饂飩の上に のっけるだけです。飯粒が饂飩になっただけです。名付けて「親子う丼」。う丼は シリーズ化できそうです。例えば 深川う丼 カツカレーう丼 味噌豚う丼 木の葉う丼 鶏飯う丼 八宝菜う丼 などなど。しばらく 愉しめそうです。

00R0140943.jpg

先日のおでんに用意した 鶏ウイングが余っていたので 鹿肉角煮の煮汁 サイダー等で 甘めに煮込みました。

  

00R0140945.jpg

五香粉の香る甘辛に仕上がり。これを 使うことに。

  

00R0140954.jpg

骨から 身をほぐして。

  

00R0140953.jpg

鍋の煮汁も使います。

 

00R0140957.jpg

他には 玉葱と玉子を。

 

00R0140958.jpg

はい 始めます。具と麺が どうじに仕上がるように 調整します。

 

00R0140960.jpg

具の作り方は 普通の親子丼どおり。

 

00R0140961.jpg

日本酒を足した 煮汁でかるく煮ます。

 

00R0140959.jpg

とじ玉子に 2/3を使用。

 

00R0140962.jpg

仕上げに 1/3を入れて できあがり。

 

00R0140963.jpg

茹で上がった 麺と。

 

00R0140970.jpg

温めた丼で 合体させます。

 

00R0140965.jpg

はい 親子う丼の完成。

  

00R0140973.jpg

青海苔と 七味をふりかけて。

 

00R0140976.jpg

熱々をいただきます。

 

00R0140977.jpg

味は 親子丼そのまんま。でも 食感が違うので 旨し。次回 「う丼シリーズ」に 乞うご期待。

   

00R0139859.jpg

なんか へんなのたべてるよ。

※愉快堂の「想作料理」は こちらからどうぞ。