さぬきの夢、麺切りします。

00R0137318.jpg

1月8日

三日冷蔵庫で寝かした 「さぬきの夢」の生地。いよいよ 麺切りにかかります。

00R0137300.jpg

寝かした生地は 冷蔵庫から出して 常温まで戻します。

 

00R0137303.jpg

これは 打ち粉。特別に改良した 打ち粉で どろっと 濁らないそうです。これは 嬉しいです。片栗粉だと どろどろになって 釜揚げはけっして美味しいとは思えませんでしたから。

  

00R0137304.jpg

まずは 軽く延ばして。

 

00R0137305.jpg

アルミパレットの蓋いっぱいに延ばします。

 

00R0137307.jpg

厚みは このくらい。まだ 厚いです。

 

00R0137308.jpg

これを 六等分します。

 

00R0137309.jpg

一枚サイズが パスタマシンを通すのにちょうどいいサイズです。

 

00R0137310.jpg

一枚を 麺棒で延ばします。

 

00R0137311.jpg

倍の 長さくらいに。

 

00R0137312.jpg

これを 二つ折りにして。

 

00R0137313.jpg

重ねます。

 

00R0137316.jpg

重なった 縁が綺麗に揃うように 手で押しつけます。

 

00R0137315.jpg

縁のラインが揃ったら。

 

00R0137319.jpg

パスタマシンに通して 延ばします。

  

00R0137318.jpg

こんな感じです。折って延ばしてを 何回か繰り返して ちょうどいい腰にします。そのあと 麺切りギアを通して 麺切りします。

 

00R0136918.jpg

ところががががががが・・・・・・・・。半分麺切りしたところで パスタマシンが動かなくなりました。これは 足あげか いやお手上げか。

  

00R0137321.jpg

で 残り半分は麺棒で延ばして 菜切り包丁で 麺切りしました。

 

00R0137323.jpg

小さく生地を切ってしまったので 短い麺に。奥は パスタマシンで麺切りした 長い饂飩です。

 

00R0137324.jpg

パスタマシンの麺。

 

00R0137325.jpg

手切りの麺。

 

00R0137326.jpg

まあ 味はおなじと云うことで パレットに入れて冷蔵庫へ。

※愉快堂の「麺・粉物料理」は こちらからどうぞ。