さぬきの夢で、初打ち。

00R0137181.jpg

1月5日

浦安の 「古式手うちうどん 蔵」でいただいた さぬきの夢で 初の手打ちをしました。さて どんな小麦粉でしょうか 愉しみです。

00R0136825.jpg

こちらが 去年伺った時の「古式手うちうどん 蔵」の様子です。

 

00R0137090.jpg

そして いただいた さぬきの夢と打ち粉です。

 

00R0137140.jpg

足踏みをするので 厚めの袋をゲットしてきました。

 

00R0137166.jpg

さぬきの夢は 粒子がさくっとして ぎゅっと握ると 良い感じでまとまります。500グラムを打ちます。

  

00R0137167.jpg

お聞きした分量の 塩水を作り。さぬきの夢は 袋に。

  

00R0137169.jpg

そして なんと 袋に塩水も一緒に まとめて入れます。

  

00R0137170.jpg

そして 袋を外から もみもみ もみもみ します。時々 袋をふって 叩いて よく混ぜます。

  

00R0137172.jpg

そうすると 徐々に 水が廻って まとまりはじめます。

 

00R0137175.jpg

これは 楽ちんです。なにしろ 手が汚れません。

 

00R0137178.jpg

水が良く廻ってきたら 外から固めていきます。

 

00R0137177.jpg

はい こんなにまとまりました。思った以上に まとまりました。

  

00R0137179.jpg

少し寝かして さっそく足で踏みます。

 

00R0137181.jpg

なるべく 均等になるように ふみふみ ふみふみします。

 

00R0137182.jpg

思ったよりも 生地がやわらかく 踏みやすいです。

 

00R0137184.jpg

ある程度 踏んだら まとめて少し寝かします。

 

00R0137187.jpg

これを 五回ほど繰り返しました。

 

00R0137190.jpg

気持ちよく のせます。

  

00R0137189.jpg

しっとり 良い感じに のしあがりました。

  

00R0137191.jpg

縁を中へ折りたたみ。

   

00R0137192.jpg

丸く 包みこみます。

 

00R0137194.jpg

こんな感じで。

 

00R0137195.jpg

ビニール袋に包んで 冷蔵庫で三日寝かします。低温熟成が終わったら いよいよ麺切りです。

※愉快堂の「麺・粉物料理」は こちらからどうぞ。