里見伏姫牛で、肉三昧。

00DSC_0056.jpg

12月15日から22日

今年から 「健人館」で販売され始めた 里見伏姫牛。南房総の和田で飼育されています。気になる食材なので 色々と料理を作って味わっています。

00DSC_0054.jpg

健人館の隣に 加工場があります。販売は 健人館の店内です。

 

00DSC_0056.jpg

まだ 生育頭数が少ないようで 販売はここだけです。

 

00DSC_0057.jpg

健人館を創設したグループが 地元のブランド牛を企画したそうです。

 

00DSC_0059.jpg

加工場では お店へ卸すブロックや 小売り用のパック詰めをしています。

 

00DSC_0058.jpg

事前に頼めば ブロックでも買えるそうです。

 

00R0136341.jpg

こちらが ブランドシール。

 

00R0136335.jpg

健人館の 店内冷蔵ケースで 干物と一緒に売られています。

   

00R0136051.jpg

一品目はカレーシチューで 肩 もも ばらの 小ブロックをゲット。吸気パックされています。

 

00R0136052.jpg

100グラムで200円也。

 

00R0136053.jpg

鮮度がいいのか 色が鮮やかです。確かに スーパーなどの長い流通とは 違いますもんね。

  

00R0136054.jpg

相方が ビーフシチューを作りました。

 

00R0136056.jpg

ワインと前菜からスタート。

   

00R0136059.jpg

自生クレソンサラダといただきます。

 

00R0136064.jpg

さっそく いただきます。

 

00R0136065.jpg

生クリームが入っているのか まろやかな味です。(はいっていませーん)

  

00R0136066.jpg

さて お肉のお味は。うーん いいんじゃないでしょうか。ただ 肉の煮込み時間が短かったようで やや固めでした。じっくり 煮込めばいいと思います。

 

00R0136061.jpg

ライスは バターお粥で。

 

00R0136229.jpg

二品目は ハンバーグ。100グラム 200円のもも、肩、バラのミックス肉を使いました。挽き肉は無いので 包丁で荒く叩きました。

  

00R0136231.jpg

入れるのは 生の玉葱のみ。

 

00R0136233.jpg

調味料は 塩 クミン 黒胡椒。

 

00R0136235.jpg

たっぷり ふりかけて。

 

00R0136237.jpg

手で すばやく よく捏ねます。

 

00R0136239.jpg

粘りが出たら オッケー。

 

00R0136242.jpg

手のひらで 叩いて空気を逃がしながら まとめます。真ん中は ちょすへっこめて。

  

00R0136244.jpg

バターとオリーブオイルで コールドスタート。

 

00R0136245.jpg

中弱火で 両面を焼きます。

 

00R0136246.jpg

表面に 焦げ目がつけば 取り出します。

 

00R0136249.jpg

そのまま オーブンへ。100度で8分ほど。

 

00R0136250.jpg

あとは 余熱で。

 

00R0136243.jpg

その間に 和風ソースを。大蒜生姜と 玉葱、りんごの摺りおろし。そして おろし大根を。

   

00R0136248.jpg

先ほどの フライパンで 肉の焦げと一緒に 炒めます。

 

00R0136252.jpg

醤油味で まとめます。

 

00R0136251.jpg

神戸レタス 自生クレソン トマトと。

 

00R0136255.jpg

はい 伏姫牛ハンバーグのできあがり。

 

00R0136257.jpg

見た目 いい感じに仕上がっています。

 

00R0136259.jpg

中は こんな感じ。ちょい 火が通りすぎたのと 脂身が少なかったので 牛脂だけでも別売で゛売って欲しいな。

   

00R0136339.jpg

三品目は 肩 もも ばらの薄切りで 肉じゃがを作ります。

 

00R0136340.jpg

最初の小ブロックより 薄切りは50円高く 100グラム250円。

 

00R0136420.jpg

馬鈴薯と。

 

00R0136379.jpg

畑の長葱を。左の二本です。あとは隣の農家さんからいただきました。いずれも抜きたて。

  

00R0136421.jpg

葱が美味そうなので 玉葱の代わりに。

  

00R0136422.jpg

大きな 生しいたけも。

 

00R0136416.jpg

鍋に 軟水と 出汁醤油のマルジュウと 日本酒を鍋に入れて。

  

00R0136424.jpg

砂糖も多めに。 

 

00R0136428.jpg

最初は馬鈴薯だけを ことことと軟らかくなるまで煮て。あとは 残りの材料をまとめて入れて 一気に煮あげます。

  

00R0136426.jpg

こちらが グラム250円の伏姫牛。

 

00R0136431.jpg

最後にのっけて。

 

00R0136432.jpg

蓋をして 一気に 短時間で仕上げます。

 

00R0136434.jpg

煮魚と同じで 煮すぎないのがポイントです。

 

00R0136435.jpg

熱々ご飯と一緒に。

 

00R0136436.jpg

生卵を落として いただきました。これは ごはんが すすむ君です。さて 伏姫牛ですが 値段の高い部位は買わない いえ買えないので バラ肉などがメインとなりそうです。三品の中では ハンバーグが一番旨く作れそうな感じです。豚肉以外の 選択肢ができたので 愉しみです。

※以前の伏姫牛料理は こちらからどうぞ。