膨らみ足りない、包子。

00R0133980.jpg

11月11日

寒くなると 食べたくなるのが 蒸したての ほかほか包子。久しぶりに 作りました。

00R0133886.jpg

薄力粉に ドライイースト グラニュー糖を 用量分入れて混ぜます。

   

00R0133890.jpg

ぬるま湯を 三回ほどに分けて加えます。

 

00R0133893.jpg

そのたびに 菜箸でよくかき混ぜます。

 

00R0133895.jpg

何回かに分けて 加水することで 万遍なく生地に水がまわります。

 

00R0133894.jpg

菜箸で混ぜると 手が汚れません。でも あとで 手で捏ねるんですけどね。

  

00R0133900.jpg

そろそろ 手で捏ねはじめます。

 

00R0133903.jpg

他の 粉もんに比べると 水分が多くて ねとつきます。

 

00R0133902.jpg

ある程度 捏ねたら。

 

00R0133905.jpg

生地にサラダ油を加えます。

 

00R0133908.jpg

けっこうな 油の量です。

 

00R0133909.jpg

指先で 油を中へ中へと 練り込んでいきます。

 

00R0133912.jpg

最後に よく捏ねて 表面がつるつるしたら。

   

00R0133913.jpg

濡れ布巾をかけて 一次発酵させます。

 

00R0133918.jpg

発酵させている間に 餡作りを。豚肉 ソーセージ 椎茸 蓮根 生姜など。

  

00R0133959.jpg

長葱は 大きめに切ります。

 

00R0133919.jpg

豚肉とソーセージを まぜまぜ。

 

00R0133921.jpg

塩と黒胡椒を入れて まぜまぜ。

 

00R0133923.jpg

紹興酒を入れて まぜまぜ。

 

00R0133924.jpg

生姜も まぜまぜ。

 

00R0133925.jpg

具材や調味料を足す毎に 毎回まぜまぜするのが コツのようです。

 

00R0133926.jpg

醤油とオイスターソースを。

 

00R0133928.jpg

まぜまぜ。

 

00R0133930.jpg

椎茸も まぜまぜ。

 

00R0133932.jpg

今回は 蓮根も入れて まぜまぜ。いやー 何回まぜまぜしましたかね。

 

00R0133948.jpg

一時発酵が終わった生地は 麺棒で一個ずつ延ばして 餡を詰めます。

 

00R0133963.jpg

そして 蒸籠に入れて 二次発酵させます。

 

00R0133964.jpg

二次発酵も終われば 強火で一気に 蒸し上げます。

 

00R0133979.jpg

ほかほかの蒸し立てです。

 

00R0133980.jpg

いただきまーす。

 

00R0133977.jpg

お江戸の宴でいただきました。

 

00R0133982.jpg

旨い。ですが 生地のふっくら感がありません。どこかで なにかが ちがったようです。餡が残ったので 翌日に再チャレンジです。

 

00R0134004.jpg

翌日は 相方が生地を作りました。

 

00R0134010.jpg

うーん いいんじゃないでしょうか。

 

00R0134013.jpg

ふっくらしています。

 

00R0134014.jpg

美味しゅうございました。

  

中華饅頭レシピ.jpg

こちらは 以前に男の料理教室の時のレシピです。私の 失敗の原因は不明のまま。でも このレシピでやれば 美味い包子が食べられますよ。

  

00R0133883.jpg

なんか ちょんぼしたらしいよ。

 

00R0133884.jpg

どっちにしろ たべられないんだから いいっか。

※愉快堂の「麺・粉物料理」は こちらからどうぞ。