11月の文通ならぬ食通。

00R0133179.jpg

1日から30日

和歌山の柿農家の方からの 言の葉が届きました。柿の葉っぱ一枚で 柿を作った方の想いが届くんですね。

00R0133181.jpg

相方の小学校時代の文通友達から 和歌山の柿をいただきました。例年、九度山の柿でしたが、今回はかつらぎ町の平柿です。暖簾のようにずらーっと下がった串柿風景で有名な柿の里です。 

00R0133179.jpg

箱には 農家の方の文代わりでしょうか。柿の葉が一枚入っていました。これは 文字のない 言の葉でしょうかね。最近 ちょっと感動した 文通ならぬ食通です。

  

00R0133183.jpg

柿農家の プロの作品は凄いですね。拘りと自信が 伝わってきます。

  

00R0133187.jpg

もちろん 和歌山の味を 南房の人たちにも お裾分けしました。

  

00R0133188.jpg

こちら いただいたカボチャとハヤトウリ。

  

00R0133206.jpg

柿とみかんも 先月に続き いろいろといただきました。

  

00R0133203.jpg

こちらは デカスイートポテトを作ります

 

00R0133348.jpg

でかいので 集まりの時に 持参します。

  

00R0133275.jpg

南房は 自宅の庭に みかんや柿が必ずといっていいほど植えてあります。

 

00R0133177.jpg

なので いろんな方から いろんな品種をいただきます。

 

00R0134218.jpg

熟した柿は ヨーグルトと蜂蜜で いただきます。ヘルシーなスイーツです。

   

00R0132969.jpg

先月に引き続き 柿釜を作って。

 

00R0133385.jpg

ご近所に お届けしました。

 

00R0133386.jpg

南房に移住希望の方が 愉快堂に来堂されました。若夫婦の住む都会の味を頂戴しました。お返しに素朴な手作り菓子をお出ししました。

   

00R0133394.jpg

大蒜農家の方から 斑入りの葉蘭をいただきました。

 

00R0133396.jpg

鰺刺の飾りに。美味しさが ワンランクアップします。

 

00R0133414.jpg

親芋をいただきました。

 

00R0133415.jpg

畑で採れた 山芋も。

 

00R0133416.jpg

大蒜農家の方から 自家製の黒大蒜を。

 

00R0133690.jpg

お裾分けした方からの依頼で 大蒜農家さんから 直接小売りしていただきました。

 

00R0134605.jpg

うーん 酒の肴にあいます。

 

00R0133600.jpg

夢の花館さんから 獅子柚子をいただきました。 お返しにスイートポテトをお届け。

  

00R0133601.jpg

でかい。これで ジャムを作りました。

  

00R0134541.jpg

「獅子柚子ジャム作り」はこちらからどうぞ。

  

00R0133789.jpg

直売所の奥さんからいただいた 新生姜。手作りジンジャーケーキ用の 蜜煮を作りました。

  

00R0133844.jpg

新生姜の甘煮作りはこちらからどうぞ。

 

00R0134104.jpg

札幌と富良野から 富良野ビンテージのクラッシックをいただきました。

  

00R0134221.jpg

呑み会 食べ会で みんなにも富良野を味わってもらいました。

  

00R0134255.jpg

いただいた 鴨川の山里で採れた銀杏。仕上げは 館山です。回り廻って 千倉へ。

   

00R0134458.jpg

日本酒のあてに。市販とは まったく違う美味さです。

  

00R0134485.jpg

大きなセロリを。これは 炒めたり 佃煮にしていただきました。

 

00R0134862.jpg

セロリを脂で炒めて当座煮に。いわゆるセロリのきんぴらです。

 

00R0134103.jpg

頂いた蓮根は。

 

00R0134385.jpg

ピリ辛の きんぴらに。

 

00R0134391.jpg

さくさくとして 美味。

 

00R0134543.jpg

近くの 風ギャラリーの望月さんの個展で 熊本繋がりの知人の話で盛り上がりました。そして熊本のお菓子を頂いちゃいました。

 

00R0134651.jpg

落花生のおおまさりをいただきました。

  

00R0134714.jpg

茹でたておおまさりは お酒にあいます。

 

00R0134789.jpg

草・花・菜直売所では 日曜日に焼き芋を焼いています。寄られた方や ご近所にお分けしています。

※愉快堂の「今月の文通ならぬ食通」は こちらからどうぞ。