畑の天地返し。

00R0113437.jpg

5月9日

草・花・菜直売所を開けてから、愉快堂の畑の作業にとりかかりました。本日は、ミニトマトの土作りです。

00R0113433.jpg

手前の波板の畝は、唐辛子ゾーンです。その奥が、ミニトマトゾーンになります。

  

00R0113436.jpg

真ん中に空豆を育てているので、まずは、これを引っこ抜きます。

   

00R0113438.jpg

空豆の実は、収穫してしまいます。

 

00R0113440.jpg

その前に雑草を抜きます。雑草も共存という、手抜き耕作です。今年は、カラスのエンドウが伸び放題です。

  

00R0113441.jpg

空豆もだいぶ育っています。

 

00R0113453.jpg

これだけ採れました。

 

00R0113448.jpg

抜いたら、スコップで掘り返します。

 

00R0113449.jpg

だんご虫が家を追い出され、あちこちで右往左往しています。いつもは、ミミズが多いのですが、今年は野ねずみがいて、食べられてしまったようです。

 

00R0113447.jpg

土に栄養を食べさせます。

 

00R0113450.jpg

最近よく使っている、広葉樹バーク肥料。前は、牛糞堆肥を使っていたのですが、こちらの方が良いようです。

  

00R0113451.jpg

まず、適当な量の堆肥を撒いて。

 

00R0113452.jpg

天地返しで、混ぜ混ぜします。波板で畝を囲うと、その中だけを耕せばいいので、かなり楽ちんになります。年相応の畑造りができますよ。

 

00R0113454.jpg

さらに、有機ぼかし肥料と。

 

00R0113455.jpg

かきがら石灰を撒きます。

 

00R0113456.jpg

天地返しで、よーく混ぜて、土作りは完成。

 

00R0113457.jpg

ついでに、抜いた空豆と周りの抜いた雑草を、通路に寝かして自然堆肥にします。雑草対策にもなり、一石二鳥です。

  

00R0113517.jpg

健人館で買った、元気なミニトマトの苗は、明日植える予定です。

 

00R0113464.jpg

朝の一時間ちょっとの、野良仕事が完了しました。本日のお仕事は終わりです。さー、朝ビールいきますか。

※千倉の「田舎暮らし事典」はこちらからどうぞ。