名古屋煮込み鍋つくりました。

00名古屋鍋盛り付けアップ小.jpg
寒いときは、ほかほか煮込み鍋。それも八丁味噌のこてこて味で、豚の旨味プラス甘味もたっぷり堪能できる鍋にします。ちなみに、名古屋鍋は勝手につくった名前です。



まずは、豚肉を焼酎と水でことこと煮ます。ほんとは日本酒にしたかったのですが、芋焼酎しかなかったので。量はけっこう入れました。
01名古屋鍋豚を煮る.jpg
















次は面取りした旬の大根と、手で引きちぎったこんにゃくを入れて、さらにことこと弱火で煮ます。
02名古屋鍋こんにゃくを煮る.jpg
















煮込みといえば、煮玉子ですね。ちょっと黄身が柔らかめに仕上がるように茹でます。
03名古屋鍋玉子を煮る.jpg
















6割がた煮えたら、一回目の味付けです。ここでは仕上がりの半分の味付けにします。これからことこと煮込んで少しずつ味をしみ込ませていきます。
まず八丁味噌をかなりたっぷりと入れ、さらに黒砂糖で甘味とコクもつけます。ふつうの家庭料理の量ではないですね。うちでつくる二人前では、絶対味付けしない濃さです。まだ、これで半分の味付けですから。豆腐もこの辺で入れます。
04名古屋鍋味噌を入れる.jpg
















お米は宮城の高橋さんちの新米です。こってり煮込み鍋には、ほくほく、つぶつぶの新米ですね。
05名古屋鍋新米.jpg
















さらに煮詰まってきたら味見をして、二回目の味付けで、八丁味噌と黒砂糖を加えます。ここでさらに煮詰まった状態を想定して味を決めます。あと長ねぎの太目のしろいとこをたっぷり加えます。
06名古屋鍋完成まぢか.jpg
















これで、こてこて名古屋の煮込み鍋の完成です。
07名古屋鍋完成.jpg
















煮込み鍋のシズルアップ三連発です。うまそ?。
08名古屋鍋完成アップ.jpg
















ことこと煮込み鍋と炊きたて新米の盛り付けです。
09名古屋鍋盛り付け.jpg
















いただきます。冬は白い炊き立てご飯と煮込みがたまりません。
10名古屋鍋いただきます.jpg
















翌日は、さらにこてこてに煮詰まったところにうどんを入れていただきました。これはこれで楽しめました。
11名古屋鍋翌日はうどん.jpg