2008年8月アーカイブ

2008年8月 6日

一点吹偶羅素一輪挿しの第二弾です。

00IMG_5668.jpg

00IMG_5708.jpg

こちらも、ピンブローと云う技法でつくりました。これは、ちょうど穴と云うか口が、ちょうどセンターに上手くできました。熱い溶けたガラスの玉に、ピンを刺して細い空気の通り道をつけるのですが、なかなかセンターにあきません。

この細い穴に、水につけた鉛筆状の木の棒をあてると、ガラスの熱で、水蒸気が一気に吹き込まれ、ガラスがまるで風船のように膨らみます。言葉では説明しにくいのですが、見ると驚きます。ほんと。その内、ビデオで撮ってみます。

本当は、穴を少し広げたら、さらに熱してから、ぶんぶん振り回すと、あら、不思議。遠心力でどんどん皿の形に広がっていきます。そのうち、成功させます。多分、数ヵ月後に・・・。

市民ギャラリーに出展しました。

00IMG_5432.jpg

市民ギャラリーで手工芸展があり、吹きガラス教室からも参加しました。私と相方も、三点セットで出展しました。

タイトルは以前にアップした「坐呑兵衛組み」と「つのつの花見て一杯組み」です。いろいろ組み合わせて、ネーミングを考えるのが面白かったです。ちなみに、坐呑兵衛組みは、徳利と水割りとオンザロックの呑兵衛の組合せです。つのつの花見て一杯組みは、一輪挿しと徳利と猪口の組合せです。

いろいろな技法の作品も展示されました。

00IMG_5446.jpg

吹きガラス以外にも、パートドヴェールやサンドブラストなど、いろいろな技法の作品も展示されています。手前のは、先生たちの作品です。

オンザロックにあう、坐偶羅素シリーズです。

00IMG_5544.jpg

主にオンザロックに向いている坐偶羅素シリーズです。サイズはばらばら、坐布団もばらばら、なんとなく太めでオンザロックにいいかなと。水割りもいいけど・・・。右側のいちばん大きなのは、超重いので、飲みながら腕力を鍛えられるというオマケがつきます。

水割りにあう、坐偶羅素シリーズです。

00IMG_5554.jpg

こちら、水割りにむいていると思われる坐偶羅素シリーズです。細長く、たっぷり入ります。ジュースなどにもいいかも。これも、右端の巨大なのは、飲み物をたっぷり入れると、ダンベル代わりにもなります。

ワンショットグラスの一口呑偶羅素シリーズです。

00IMG_5599.jpg

吹きガラスを始めた時に、最初につくりたかったのがワンショットグラスです。英国の100年くらい前のショットグラスをいくつか集めていました。そのカタチを再現したかったのですが、似て非なるものができました。いちばん左のが、英国のショットグラスにやや似ています。

これは、これで、結構気に入っています。まったりとした甘口の日本酒や紹興酒にもあいます。

TADYさんのBARへ突撃する呑兵衛偶羅素連隊です。

00IMG_5688.jpg

吉田吉五郎の手作り堂でご紹介した「匠。TADY」の工房ショップに秘密のBARが誕生します。そこで、偶羅素をおいていただけることになりました。いろいろ選んで、オンザロック偶羅素、水割り偶羅素、ショット偶羅素を選びました。はやく、いっぱい飲みたいです。

2008年8月 1日

爪楊枝入れになった一口呑偶羅素です。

00R0015535.jpg

吹きガラスを始めて、最初のシリーズです。英国の100年位前のショットグラスを集めていたので、それを再現したくて作り始めました。最初の頃なので、小さいのしか出来ませんでした。

ちょうど、爪楊枝入れの気に入ったのがなかったので、入れてみたらドンピシャでした。今は、大テーブルの真ん中の割れ目が定位置となています。

中国の紹興酒にあう、一口呑偶羅素です。

00R0015529.jpg

こちらも一口呑偶羅素シリーズの最新です。と云うよりも坐偶羅素を作っている途中で、失敗してしまい、細長い一口呑偶羅素になってしまいました。で、こちら少し大きめにできました。

中国のまったりした紹興酒に合います。いつもは、甕出しの紹興酒を手に入れて呑んでいます。これで呑んでいると、時間もまったりまったりします。

新しい技法で挑戦中の一点吹偶羅素です。

00R0015532.jpg

この小さな一輪挿しは、今一番新しく習っている、ピンブローと云う技法です。一口で云うと、水蒸気の力で、熱いガラス玉を風船のように一気に膨らましてつくります。けっこう難しく、なかなか思うとおりに膨らみません。本当は、お皿をつくるつもりなのですが、なぜか全然違う一輪挿しになっています。醤油入れでもいいんですが。

数ヶ月頑張れば、美しいお皿ができる・・・はずです。途中の失敗作ものせていきます。はて、さて、なにができるやら、想像もできません。

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。