ぷりっぷりの車海老を握った!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大分の車海老の握り
大分の車海老を握りました。もちろん養殖ですが、身がぷりぷりの大きめの車海老を活きで購入。おが屑に入れてもらいました。これは茹でたての一番旨いところを握ります。さあ、お楽しみです。

 

 

●車海老を仕込む
食べる直前に茹でて握ります。仕込みの準備は、茹でる直前に竹串に刺すだけです。竹串を刺すことで、茹でても真っ直ぐにピンと伸びた美しい姿を保ちます。
竹串の刺し方は、車海老を腹側を上にして頭を手前に左手に持ちます。右手に持った竹串を腹から尾に向けて一直線に刺します。ポイントは、殻と身のギリギリの境目に竹串を差し込むことです。

次に、鍋に湯を沸かし、沸騰したところにそっと入れます。茹で時間は思ったより短いです。イメージは回りがぷりっぷりっで、芯がやや生状態の時にあげます。小ぶりなものから引き上げて、熱いうちに手で殻を剥きます。その間に余熱で丁度レア状態に熱が通ります。剥き終わったら、腹側に包丁の切っ先で切り込みを入れ腹を開きます。背中に黒い紐があれば取り除いておきます。

▲車海老を握る
握る時にはちようど人肌位になっています。山葵を塗りつけて握ります。海老が大きいと、つい舎利も大きく合わせてしまいがちですが、ここはじっと我慢で小さめで握りましょう。車海老の甘味と食感をたっぷり堪能できますし、何より格好良く握れます。

■車海老を味わう
握る直前に茹でた人肌の車海老は甘味がぐんと増し、軽い茹で加減は口の中で絶妙な食感とジューシイさでもう堪りません。車海老は大きめで、人肌がいちばんだとあらためて舌で確認しました。うんまい。