船橋市場でカミナリウオを発見!

子持ちのハタハタです。
久しぶりに船橋公設市場に行きました。今日は握り鮨ではなく、なにか旬の美味い魚があればと、特に目当てもないままに市場に到着。ぶらぶら歩き回っていると、ありましたありました。冬に雷が鳴ると秋田で獲れるという「はたはた」、別名「カミナリウオ」が。これで、今夜はしょっつる鍋に決まりです。

 

 

買い出しメモ
・十二月某日、土曜日
・買い出し品目
 1.はたはた キロ1,400円 480グラム 5匹 840円
 2.真鰯 4匹 900円
 3.墨烏賊 キロ3,500円 200グラム 1杯 700円
 4.殻帆立 キロ2,000円 380グラム 2枚 760円
 5.玉子焼き
帰路船橋漁港の露天市で買い出し
 1.京菜
 2.大根
 3.草餅(おやつ)
 4.自家製白菜漬け 1袋(おまけ)
  合計で600円
露天市近くの手作り豆腐屋さんで
 1.木綿豆腐 1丁

美味そうなハタハタが入荷していました。ハタハタを五匹買いました。








今日は、はたはたを扱っている仲卸店が3店ばかり。大きめの雄がキロ1,500円、中くらいの雌で腹がぷっくりふくれて、ぶりこと呼ばれる卵が入っているのがキロ1,500円、同じサイズで雄はキロ1,300円くらいでした。はたはた鍋は初めてなので、迷わずぶりこの入った雌を5匹ばかり買いました。地元の人は、意外と雌より雄の方が好みだとか。これは、食べて確認するしかないですね。

シーズンの小さな鮟鱇です。これもシーズンの牡蠣が箱売りであります。







冬のいろいろな魚が出回っています。活きのいい脂ののった鰯です。








場内を歩いてみると、鮟鱇をはじめ、箱入り牡蠣など、冬の魚介類がぐーんと増えていました。これだから、市場通いは面白くてやめられませんね。あと、お気に入りの葱入り玉子焼きも1本。築地に本店があるのですが、葱焼きはこちらがだんぜんおすすめです。

葱入りの美味しい卵焼きです。








あと、鍋に入れる具を帰る途中にいろいろ買いました。まずは、市場から14号線へ抜ける裏道の住宅街の中にある手作りの豆腐屋さん。ここの豆腐の味は、六本木と根津にある美味い豆腐屋さんといい勝負だと思います。

漁港近くの手作りの豆腐屋さんです。昔ながらの手作りの豆腐屋さんです。











続いて船橋漁港にほど近い露天市場で野菜を買いました。ここは、漁港に隣接した庶民の市場だったのですが、ここ数年マンション建設などで、だんだん寂れてきて、残り数軒のお店しか残っていません。近郊の農家から、出荷されないはんぱものを持ってきて売っています。結構市場に出ない面白いものが安く買えるので、楽しみだったのですが、残念です。

船橋漁港の船だまりです。船橋漁港の露天市場の風景です。














ここでは、京菜と大根、そして手作りの草餅を買って600円でした。おまけに、白菜の漬け物をいただきました。かなり、嬉しい買い物でした。お婆ちゃんの笑顔も素敵でした。

露天市で野菜や手作りの餅、漬け物などを売っています。
















船橋漁港の露天市風景です。船橋漁港の露天市場で買った野菜です。この野菜と草餅10個、白菜漬けでなんと600円です。