« 星条旗通りにカリンの実がたわわになっています。 | Home | 旧麻布霞町に佇む巨木が1本。 »

2009年8月 7日

星条旗通りにカリンの実がたわわになっています。

写真:星条旗通りにカリンの実がたわわになっています。

カリンの木のなっているのは、星条旗通りのちょうど真ん中か、やや西麻布に近いところです。遠景に見えるのが、東京ミッドタウンです。わずか、五本ほどが立っています。木につけてあるプレートを見ると、東京都が植えたみたいですが、この道路は東京オリンピックの時につくられたようで、そのころからのモノでしょうかね。昔は、金はカリンと云う語呂合わせで、家庭に植えられていたそうです。この不景気を乗り切るには、金をカリンことが極意でしょうか。

この記事について

このページは、千倉の愉快堂が2009年8月 7日 14:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「星条旗通りにカリンの実がたわわになっています。」です。

次の記事は「旧麻布霞町に佇む巨木が1本。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。